デルフトの眺望2010-大木 
画題:「デルフトの眺望2010」
フェルメールが描いた「デルフトの眺望」の場所に立ち、今のデルフトを撮りました。300年以上が経っていますが、遺産として大切に保存された街は同じような眺望です。フェルメールブルーを意識しながら、フィルタ→アーティスティックのドライブラシとぼかしを使って絵画調に仕上げました。古い額縁が欲しかったのでflickrのフォトフレームをダウンロードして使っています。 http://www.flickr.com/photos/designshard/3880602019/
フェルメール「デルフトの眺望」
vermeer-view_of_delft-920x768.jpg
06/06|画像処理コメント(7)TOP↑
この記事にコメント
絵画のような素晴らしい風景写真に、
300年間のロマンを感じさせて頂いてます。
空の色や雲の形も同じですね。
From: maki * 2010/06/06 09:08 * URL * [Edit] *  top↑
ヨーロッパの街並みはすごいですよね。
どれだけ大切に保存できているのでしょう。
先生の作品で好きなところは 手前の人たちが
現代は自転車の人に変わっているところ。やはり時代の移り変わりを感じます。
From: ro * 2010/06/07 17:57 * URL * [Edit] *  top↑
maki様、ro様、コメントありがとうございます。世界遺産を巡ってきましたが、本当にたいせつに保存されていて、車の乗り入れ禁止の場所も多いんです。そんな街で足になっているのが自転車や馬車だったりして・・・。それがまたよく似合っています。
From: ok * 2010/06/08 21:36 * URL * [Edit] *  top↑
絵画風!
フェルメールの絵の風景」がクラシックな額に入り写真が絵画風になって素敵ですね。
デルフト焼きは知っていましたが 地名って初めて・・・・i-229知りました!
フェルメールの美術館もあるのでしょうか・・・・。
ヨーロッパの風景は どこも芸術的ですね。
From: D * 2010/06/11 13:49 * URL * [Edit] *  top↑
D様、いつもコメントありがとうございます。オランダは多くの芸術家を出した国です。アムステルダム国立博物館にはレンブラントやフェルメールの代表作が展示されています。また、ゴッホ美術館にも行きましたが、こちらにもゴッホやゴーギャンの代表作品が並べられていました。
From: ok * 2010/06/12 23:09 * URL * [Edit] *  top↑
FC2 カウンター 10000
デルフトの眺望 にもう一度会いたくて
そしたらなんと アクセスカウント 10000!
朝から 幸運をゲットした気分。
 ファンの多さを実感しました。
From: HUKUROI マスク目ロン * 2010/06/19 08:19 * URL * [Edit] *  top↑
HUKUROI マスク目ロン様、きり番10000訪問ありがとうございました。9900番台に入ったときはきり番を気にしておりましたが、本当にビックリです。明日からのフォトドリーム展2010に展示する作品を送らせていただきます。今後ともよろしく、お願いいたします。
From: ok * 2010/06/20 23:34 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログに降るハート
リンク
ブログ内検索
リンク