上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ebf30fc4.jpg

中秋(仲秋)の名月、今年は最高の天候となりました。夜景も撮ってみたいと三脚を手に入れたひよっこカメラマンは大胆不敵にも仲秋の名月に挑みました。横浜三渓園では毎年この時期「観月会」が開かれます。16時頃から園内を散策し写真を撮りながら、なが~いことその時を待ちました。超一流機材がズラリと並ぶ中、はずかしながらも我がD50を三脚に据えました。(かなりはずかしかったけどピンボケするので・・・)ライトアップされた臨春閣を舞台に琴の調べが流れ、幻想的な雰囲気が盛り上がってきた19時半頃、ついに主役の登場です。それは「仲秋の名月」と呼ばれるのにふさわしい凛とした輝きを放ちました。

「琴の音に誘われしごと月昇る」
「名月や遥かに浮かぶ三重の塔」


susukihiganbanatuki

 

 

 

撮影秘話:
20時半の閉館まで粘りましたが、三重塔近くまで月が寄ってくることはありませんでした。(カメラマンは皆口々に残念がっていました。)角度、月の高さの問題でおそらく左上のような写真は夜遅くても無理かもしれません。ということで合成でーす♪また、本当はちゃんと「うさぎが餅つき」をしていたのですが、カメラ・レンズの性能なのか、カメラマンの腕の無さなのかクリアな月を撮ることはできませんでした。残念っ!!!


8:00tukitou

 

 

 


20:00で上記の状態でした。12時近くにならないと塔には近づかないのではないでしょうか。林の中から角度を変えて撮っている方もいましたが、木々でさえぎられてしまいます。
【合成方法】
?左の月をトリミングし、右塔に重ねる
?月のレイヤーで画像モードから「比較(明)」を選択し、なじませる


09/19|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。