79119f30.jpg

11月香川フォトクラブ例会に出した3点です。

斜光から「射光」と画題を変更。趣が半減するのでタネ明かしをせず「鎌倉浄智寺参道で西日を撮りました」とだけ説明。今日の講師FG先生、じーっとながめて「きれいに光が出ています。焚き火の煙でもあるとこうした光線が撮れるのですが・・・???」 

すごいっ!!そう、その通りピンポンです 左上の方で、ゴミ焼きをしており現実はとっても煙かったのです。あはは。 会長の話では、こういう写真が撮りたくて、お寺の方に焚き火を頼むカメラマンもいるそうです。そうしてみると、ひよっこカメラマンは偶然にも超ラッキーな瞬間に出くわしたことになるんですね。

「山寺は木漏れ日に染まり秋深む」


tamarose

←「木漏れ日浴びて」

西日をキラキラに入れた玉ボケです。

 


ikaku

 

「来んなー」
岩とびペンギン夫婦の威嚇


11/26|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
リンク