冬の乗鞍へ香川フォトクラブメンバーと出かけました。-10度極寒の乗鞍で幻想的な霧氷と氷を撮り、帰りは富士山をバックに白鳥と戯れよう!という企画。スパイク付きのスノーブーツにホカロンもたくさん背負って、準備万端で出発・・・でもね、寒くなかったんですよねぇ。さすがに山の上は雪深かいのですが、霧氷が凍りつくほどの寒さではなく、残念ながらキラキラ輝く霧氷を見ることはできませんでした。グスン。でも御池やちどり池はほどよく凍り、PLフィルタをクルクル回すと、不思議不思議、肉眼では見えない虹色の光を放ちました。これには本当に全員興奮しましたね。立ち位置をほんの少しずらすだけで色が万華鏡のように変わっていくんですよ。クリスマスイルミネーションなんて目じゃないほど、天然の光の色にすっかり魅了されました。
oikeyosei












asayake翌朝、予報では曇りのち雨。日の出は期待できないものの早起きをして出かけてみました。早起きは三文の得とはよく言ったもので、ちょうどその頃には雲が切れ、一瞬ではありましたが空は赤く朝焼けしました。
白濁の源泉かけ流し温泉を3回も満喫し、美味しい料理と楽しいおしゃべり。やっぱり乗鞍はいいです。





korogaki乗鞍を下りて山梨に入る頃には雨も本格的に降り出し、またまた富士山を撮ることはできませんでした。はぁ~~、やっぱり私が雨女白鳥と戯れるのはあきらめ、枯露柿を撮りに高速を降りました。こんな雨の日に、まさか干さないよねといいながら・・・。えっ、干すんだぁ。心配をよそに雨の中、つやつやの大きな枯露柿が迎えてくれました。







12/08|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
リンク