dobai




















小鉢に初めて釉薬をかけました。白土に「土灰」という微妙な青の出る釉薬です。先生曰く「ちょっとおもしろいやり方でやってみよう」・・・エッ~初めてなんですけど???かなり不安でしたが、なんとこの出来ばえ。S先生に感謝感謝です。ガラスをかけたようなひび焼きは、紫陽花の花を思い出させました。

技法:「土灰」にくぐらせ、余分な釉薬をきる。お玉(釉薬を掻き回したり、掛けたりする)で3分の1くらいの釉薬を底に溜め、器をゆっくり回して丸く広げた後、釉薬を溜めたまま乾燥させる。

こうした器を作ると煮物が入れたくなります。いか大根の煮物、煮豚と煮卵を入れて夕食の食卓に並べました。う~~ん、なんか一味ちがう


11/02|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
リンク