上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

sasebo4泊5日と短期間ではありましたが、二人暮らしの実家に大掃除の手伝いで帰郷しました。私が生まれ育ったのは長崎県佐世保市ですが、両親は退職後平戸に近い、長串免字冷水谷(なぐしめんあざひやみずだに)という片田舎に移り住んでいます。西海国立公園に面し、狸や猪が普通に出没します。本土最西端ですから、ぜひ夕日を撮りたいと思っていましたがお天気に恵まれず諦めました。


chapel





















ragiseisui24日平戸を散策。聖フランシスコ・ザビエル記念教会は厳かなイブを迎えようとしていました。






teraorandabasi浄土真宗の光明寺と教会が重なる風景は東西文化が融合した平戸独特の風景です。
紅毛貿易をしのばせる幸橋(オランダ橋)も島民の日常生活の中で今も活躍しています。



yakei佐世保では親友達が車でルーツ巡りをしてくれました。いっしょに遊んだあのブランコはもうなくなっていましたが、山や川に面影を残しています。何よりも感動したのは引越して手放した生家が当時のままの姿で残っていたのです。もちろんボロ家にはなっていましたが、私の部屋のブラインドや、門扉の青いポストもそのまま。そこだけが30年前にタイムスリップしたようです。幼稚園、小学校、中学校、高校と思い出巡りのドライブを楽しみました。

sasebo


12/27|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。