上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
香川サークルで水彩レッスンを担当されている和先生の作品展「第9回横浜そごう作品展」が8月17日~23日開催されます。横浜へお越しの節にはぜひ、お寄りください。
電彩アート横浜そごう作品展「旅の思い出を描く」1000 
横浜そごう作品展詳細

スポンサーサイト
07/30|水彩コメント(0)TOP↑
2016年夢の配達人展は2,135名のご来訪をいただき大盛況のうちに7月18日終了しました。暑い中、遠路ご来訪いただきました皆様、本当にありがとうございました。皆様の応援を励みに次の作品作りに努力していこうと思いました。
02-大木伊都子 1 花の散るらむ 
画題:しずこころなく花の散るらむ
コメント:雅叙園で撮ったお雛様の屏風に桜をアレンジ、半紙に筆で書いた書をスキャナで取り込みました。今回、越前和紙に顔料プリントしてみましたが、墨の濃淡がうまく出たと思います。
久方の光のどけき春の日に 静こころなく花の散るらむ (紀友則)
 04-大木伊都子 3 梅雨の星
画題:梅雨の星
コメント:「梅雨の星」は雨雲が開けた夜空に光る星で夏の季語です。目黒雅叙園で壁画をバックに百合の花を撮りました。フリーソフトReflectで映り込みを作り、ブラシで「梅雨の星」に見立てたほたるを飛ばしました。
 03-大木伊都子 2 光りのシャワー
画題:光のシャワー
コメント:アートアクアリウム2015でライトアップされた金魚鉢を撮影。寒川後藤農園の蓮の花を入れて光のシャワーに浮かび上がる様子をファンタジーに仕上げました。
01-大木伊都子 フォト575 
575:「生きたいと天を仰ぎし細き指」
コメント:まだ若い女性をお見舞いに行った時、生死に向き合う切ない思いを痛く感じ詠んだ句です。ベッドから上げた手の細くしろい指を白の彼岸花の蕊に見立ててアレンジ。半紙に書いた書をスキャナで取り込みました。

2016yumehai.jpg
gallary.jpg 

デジタルフォト研究会の「夢の配達人展2016」がみなとみらいギャラリーで7月12日13時~18日16時まで開催されます。デジタルアートの作品展、力作ぞろいですのでぜひ、桜木町へお越しの折にはお立ち寄りください。12日午後、18日にOKは当番でおります。よろしくお願いいたします。

07/11|写真展コメント(0)TOP↑
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログに降るハート
リンク
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。