上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
6月1日「写真の日」のイベント 日本写真協会「1,000人の写真展」2010へ行ってきました。フォト575のグループ銀座フォトっ句会がこのイベントに参加することになり、okも出展しています。A4サイズということもあり、どんなものかなぁ???とあまく見ていましたが、これだけ並ぶとなかなか見ごたえがあります。行ったり来たり、自分好みの作品を見つけてはじっくりながめてきました。思いもよらぬ視点や、印刷手法がありおもしろかったですよ。新宿へお出かけのついでがありましたら、のぞいてみてください。
展示期間2010年5月22日(土)~5月25日(火)
10:30~18:00(25日は14:00まで)
会   場新宿パークタワーギャラリー3
detail2004_img02.gif

君の瞳は10000ボルト-大木伊都子
画題:君の瞳は10,000ボルト (川崎ハロウィンで撮影) 
 
スポンサーサイト
05/23|写真展コメント(2)TOP↑
アムステルダムでは1日フリータイムがとれたので運河を巡るボートクルーズや、街歩きを楽しみました。。運河には老後をゆったり、のんびり暮す人たちのリッチなボートハウスが連なっています。対照的に港町アムステルダムには飾り窓(春を売る宿)やCoffeeShop(マリファナを出す店)など怪しげな街角もあります。1時間ほど並んでアンネの家に入り、ナチスから隠れ住んでいた狭く、暗い隠し部屋や悲惨な歴史を見てきました。また、ゴッホ美術館では、ゴッホ、ゴーギャンの有名な作品を観賞。Kitsch Kitchenでは娘に頼まれていたダッチデザインの華やかなバックや雑貨用品を買い込みました。最後の最後にスナックの定番熱々のフリッツ(フライドポテト)をマヨネーズソースで平らげ大満足の1day tripでした。
右下の画面拡大ボタンで大きくしてご覧ください。
8日間のルクセンブルク周遊の旅、6組12人という小グループ、添乗員Hさんの適切なガイドのお蔭で本当に充実した楽しい旅となりました。3,000枚近くの写真をどうまとめようかしらと戸惑っていますが、ヨーロッパの魅力にすっかりはまり、ぜひまた行きたいなぁと感じています。長いスライドショーをご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。
05/21|スライドショーコメント(7)TOP↑
6日目、キューケンホフ公園へ向かう窓の外には球根用のチューリップ畑が美しく続きました。5月はまさにベストシーズン、チューリップ、スイセン、ユリ、ヒヤシンスなどたくさんの種類の花々が咲き乱れていました。

 
右下の全画面表示で大きくご覧ください
オランダといえば木ぐつですが、民俗衣装の一つで履きづらそうだし、音もうるさいしもはや使われていないと思っていました。ところがガイドさんの説明によると、案外暖かく快適で特に庭の水仕事などに適しているそうです。日本人がつっかけの下駄を履くような感覚で家庭でも木ぐつを使っているのだそうですよ。びっくり。公園内で木靴のキーホルダ・靴ブラシ・貯金箱などお土産に買いました。
05/20|スライドショーコメント(6)TOP↑
5日目オランダ キンデルダイク→デルフト→ハーグと回りました。オランダは海抜0の国。場所によってはマイナス6mの土地もあります。水位が上がるときに水をかき出すために風車が使われています。特にキンデルダイクは19基風車があり世界遺産になっていますが、いつも回っている(羽にテントを張る)わけではありません。旅慣れた添乗員さんが7回目で初めて回っていましたぁと感激していました。昼食のパネクック(オランダ風ハムとマッシュルームのパンケーキ)はお盆大の薄いお好み焼き。オランダではこれにメープルシロップなどをかけるそうですが、そのままの方が馴染みある味でおいしかったですよ。皆はねぎ、しょうが、青のりが欲しいといいながらも、おいしく完食しました。

右下の全画面表示で大きくご覧ください
陶器で有名な町デルフトは運河が町を縫うように走り、かわいらしい雰囲気。オランダ特有の階段屋根の家々が連なります。これも特徴的ですが隣の家との間に隙間がなく、壁一枚で仕切られる形になります。また、フェルメールが描いた「デルフトの眺望」の場所に立ち、同じ気分で眺めました。高価な壊れ物はやめて、ソルト&ペッパー入れをお土産に買いました。
オランダは多くの芸術家、建築家がでています。ハーグのマウリッツハウス王立美術館(館そのものがオランダで最も美しい建物と言われています)ではたくさんの作品を観賞しました。フェルメールの青と黄色の印象的な使い方に感心し、レンブラントの特にレースや、オーガンジ、ベルベットなど布のリアルな描写におどろきました。
05/19|スライドショーコメント(4)TOP↑

4日目はルクセンブルクからマーストリヒトを観光しました。ルクセンブルクはツアープランに含まれることが少なく馴染みの薄い国です。隣国の戦いに巻き込まれては領土が削られていったと地元のガイドさんが寂しそうに語りました。神奈川県ほどの小国ですが経済水準が高く、国際会議など開かれているのでホテルの周りは近代的なビルが立ち並んでいました。ノートルダム大聖堂ではちょうどミサが行われており、国中からたくさんの信者が集まっていました。大公が執務する大公宮の衛兵がこの日何と美しい女性でびっくり。世界遺産になっている旧市街地は美しい渓谷の要塞都市でした。


右下の全画面表示で大きくご覧ください
昼食はロシアンエッグサラダ、カレイのフィッシュポールとアイスクリーム。ガス入りミネラルウォータを試したら、2口目からはさっぱりして食事には合うなぁと感じました。十分充電し、マーストリヒトへ移動。ペストが蔓延したとき外部を遮断した「地獄の門」から入り観光しました。フライトホフ広場周辺を自由に散策しましたが、石畳と石造りの古い教会や家々が印象的でした。世界でも珍しい教会を改装している本屋さんには、独特の灯りとゆったりとした時間が流れているようでした。
05/18|未分類コメント(3)TOP↑
ベルギーからルクセンブルクへ。ワーテルローではパノラマ館で歴史を学んだ後、ライオンの丘へ登りましたが、前日のらせん階段とは対照的で急な直線階段を延々と上り、やっと頂上へ。すがすがしい緑の草原を眺望しました。アンデンヌ地方の観光では、モダーブ城内を見学した後、昼食は城の地下ワイン倉庫を改造したカフェ。(地元の人にも人気のお食事所だそうです)ベルギー風ミートボールに悪魔のビールをいただき大満足。おいしくてデザートのフルーツタルトまで全員完食しました。午後は添乗員さんお薦めの小さな小さな古い街ドュルビュイへ。小鳥の声が響く路地全体がレトロで本当に素敵な所でした。地元産手作りお土産をいろいろゲット。散策を楽しんでいたら突然の雷雨、この時期ヨーロッパは晴れ後曇りときどき雨といった変わりやすい天気で雨具を離せません。雨に煙るお城もなかなか良いですよぉ。
DSC_0016のコピーDSC_0099.jpg  DSC_0120.jpg  DSC_0174.jpg 


右下の全画面表示で大きくご覧ください
05/14|未分類コメント(5)TOP↑
結婚30周年記念で5月連休にベネルクス3国を周遊しました。
ベルギーのブルージュは街全体が世界遺産になっており、「天井のない美術館」と称されます。運河と緑、石畳とレンガ造りの建物、馬車や白鳥達・・・。どれもが魅力的で夢中で撮りつづけました。鐘楼に上りましたが、366段、急ならせん階段はかなりひざにきました。昼食は名物トマト・オ・クルベット(小エビの前菜)とムール貝のワイン蒸しでしたが、山盛りのムール貝をあんなに食べたのは人生最初で最後でしょう。 午後はブリュッセル観光。予想外にちっちゃな小便小僧にはおどろきました。アールヌーヴォーの街並みや、世界で最も美しい広場と言われるグランプラスを散策し、ベルギーチョコやワッフル、クッキーを買いました。夕食には広場内のレストランでベルギービールに名物のクロケット(海老のクリームコロッケ)他を食べましたが、日本人には量が多すぎ、満腹でデザートのベルギーワッフルは残してしまいました。(ぞうりのように大きくてアイスクリームでこってり飾りつけ、うっぷ)
DSC_0311.jpgDSC_0344.jpgDSC_0445.jpgDSC_0343.jpg


画面右下の全画面表示ボタンを押して大きくしてご覧ください。
05/13|スライドショーコメント(6)TOP↑
香川フォトクラブ写真展「それぞれのアイ2010」は約570名のご来訪を賜り大盛況の内に終了しました。遠路お訪ねいただきました皆様ありがとうございました。これを再スタートにより良い作品作りに励んでいきたいと思います。
光の貴公子 
画題:光の貴公子(組作品) 野毛山動物園で撮影

ph575.jpg 
フォト575 兼題:ありがとう                          兼題:家族
05/09|写真展コメント(1)TOP↑
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。