相模川河畔(水郷田名高田橋上流)では4月29日から5月5日まで五月晴れの相模川上空に鯉のぼりを群泳させる壮観なイベントが開催されます。前日の28日に準備を撮ろうと出かけました。JR橋本駅からバス(1時間に1本)で水郷田名下車、高田橋までは結構歩きました。(JR淵野辺駅南口又は上溝駅からバスで高田橋入口下車の方がいいかも)。河原ではすでに大勢のボランティアで引き上げが始まっていました。保育園児の「よーいしょ、よいしょ」の元気な掛声が河原に響き、風をうけた鯉幟が大空に解き放たれていきました。



koinobori1koinobori2










koinobori3



















平成20年5月4日(日)(国民の休日)・5日(月)(こどもの日)2日間とも午前10:00~午後4:00には大凧まつりも開催されるようです。


04/28|未分類コメント(0)TOP↑

野毛山動物園の白孔雀君、ついにその羽を広げてくれました。午後の斜光を浴び、それはまるで妖精のように光を放ちました。


04/28|未分類コメント(0)TOP↑

前日の雨の分まで、日曜日の野毛大道芸は大勢の人人人で狭い路地までごったがえしていました。不思議なパントマイムの魔法使いやお客を上手に取り込むジャグリングのお兄さん。そして中国雑技団は本当にすごかった。どこもとっても込んでいて写真は今一でしたが、十分楽しみました。
zatugi1zatugi2zatugi3
















2時頃から、再度野毛山動物園の白孔雀に会いに行きました。じゃーん!ついに撮れました。光を浴びてその羽は美しく輝きました。
sirokujaku1sirokujaku2












sirokujaku4sirokujaku3


04/27|未分類コメント(0)TOP↑




04/25|未分類コメント(0)TOP↑


04/25|未分類コメント(0)TOP↑

野毛山動物園の白孔雀君、羽を開いてくれるでしょうか?

 


04/24|未分類コメント(0)TOP↑
デジタル研究会応用分科会でH先生に照明効果を使った夜の描き方を教わりました。夜桜におぼろ月を作って描画モード比較(明)で合成しました。
640DSC_0115sDSC_0115







 (原画)



640yozakura640DSC_0001







 (原画)
04/19|未分類コメント(0)TOP↑

4月のデジフォト例会に白孔雀が羽を広げたすばらしいモノクロ作品が出されました。毎年サボテン公園に孔雀を撮りに行っていますが、白孔雀は見たことがありません。ぜひ、お目にかかりたいと出かけました。いつものように横浜フリー1,220円を購入したので、桜木町からあかいくつ号でまずは赤レンガ倉庫へ。フラワーガーデン IN 横浜赤レンガ倉庫が20日まで開催されており、広場は美しい花々と香りでいっぱいです。
akarenga1akarenga2akarenga3








あかいくつ号で桜木町へ戻ると、野毛山動物園までは上り坂を20分ほど歩きます。何と入場料は無料、今時ほんとうに良心的な施設です。レッサーパンダはすぐ手の届きそうなところにいてかわいい仕草に本当に癒されます。
panda1panda2panda3
















siro2siro3siro1







孔雀は奥のなかよし広場のあたりに放し飼いにされています。白孔雀は1羽しかいないとHPにあったので見つけられないかもと心配していましたが、あっさり出会いました。光を浴びた尾羽はウエディングドレスのように輝き、気品に満ちていました。
恋の季節に、めす孔雀が近づくと、おす孔雀は羽を大きく広げ自分をアピールしてプロポーズするのですが、おすの勢力争いがあるらしく白孔雀のテリトリーにはお相手がぜんぜん集まらないんですアウトローは人も孔雀も敬遠されるのでしょうか。閉園時間まで待ってみましたが、一度も羽を開くことはありませんでした
がんばれっ白孔雀くん



kujaku1kujaku2一方、虹色の孔雀は手当たり次第めすを見つけるとラブアタック。おいおい、だれでもいいのかいと非難の的でした。
04/15|未分類コメント(0)TOP↑
hanaikada1hanaikada3














デジ研で「光の道」の作り方を勉強しました。先日から花筏を撮りに行っていますが、あまり美しくないんです。wt講師に教わった手法で大岡川の花筏を描いてみました。
04/09|未分類コメント(0)TOP↑
4月1日9時、写真展の搬入で中央公園の側道を通ったとき、朝のやわらかい光と桜トンネルがとても綺麗でした。
chuokoen 


























茅ケ崎からも春と秋に富士山の頂に夕日が沈むダイヤモンド富士を見ることができますが、ちょうどtopにダイヤモンドを入れるには日時と方向が大きく影響します。昨年9月8日撮影しましたが、準備も腕も悪く思うように撮れませんでした。この春はがんばろうと思っていましたが、4月3日は雲が居座って動いてくれずダメ、6日はもう右にずれてしまっていました残念・・・(4日は撮れたようですが、サークルでPCの勉強中でした)。自然相手の撮影は本当に難しいですね。また、秋がんばろうっと
fuji
04/08|未分類コメント(0)TOP↑
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログに降るハート
リンク
ブログ内検索
リンク