上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

okunoma茅ヶ崎市堤にある民俗資料館「旧和田家」(浄見寺隣り)では毎年この時期お月見の会が催されます。「気分は江戸時代?古民家でお月見を楽しもう!」という楽しいイベントを撮影に行ってみました。JCOMのテレビカメラマンも取材と撮影に来ていました。竹とんぼやかざぐるまを作って遊んだり、囲炉裏を囲んで語りべのおじさんの話を聞いたりと子供も大人もいっしょになって楽しんでいるのが印象的でした。秋雨で冷え切った体に囲炉裏の暖かさと炎の明るさがとっても心地よい一時でした。

オクノマには竹の一節にすすきと野の花がさりげなく生けてあります。江戸時代の床の間はこんな感じだったんでしょうね。

 


katariodangonusumi1odangonusumi2







メインイベントは民俗行事「お団子盗み」の体験です。暗くなるとお月見のお供え物は頂戴できるそうで昔は笹の枝に突き刺してお団子盗みしたようです。(okの子供の頃にはそんなおもしろい行事はありませんでした)長い竹の棒には2本の釘が付けてあり、これで上手にお団子をGet。

otukimi























画題:中秋の名月
W講師のデジ研で勉強した、描画モードを使って合成してみました
1.スポット撮影した月と17時頃和田家で撮ったススキの2枚レイヤーを準備
2.間に調整レイヤーを入れ、上のレイヤーとクリッピング
3.間のレイヤーに描画モード「乗算」をかけ、黒描画ブラシで調整
4.照明効果スポットライトで光の効果を付ける

描画モード乗算を使った合成法に関し、香川デジフォトBlogにまとめました。


スポンサーサイト
09/29|未分類コメント(0)TOP↑

天候に恵まれ25日の中秋の名月、今日27日の満月を撮ることができました。
おぼろ月でなく、うさぎやあばたが見えるように月を撮るには測光をマルチパターンからスポットに変えます。最近のコンパクトデジカメにもこの切替があります。ホワイトバランスをオートにすると白っぽい色になってしまうので、晴天を使いました。さらに色合いを見ながらマイナス補正してみました。moon1



















 




moon2 


09/27|未分類コメント(0)TOP↑

inegarichokoide1







小出川の彼岸花が今年も見頃となりました。25日午前、26日午後の2回撮影に行ってみました。田圃では今時めずらしく手作業で稲刈りです。9時の小出川はまだ人も少なく、ひとりでのんびり撮影を楽しんでいましたが、ひぇ~っへび、ヘビ、蛇っ!。okひとりで大騒ぎでした。


kamo






















だいこく橋下流では、カモご一行様が列を組んでお散歩中です。yukei
























26日夕景


09/26|未分類コメント(0)TOP↑

秋の香川フォトクラブ撮影会は、巾着田の彼岸花と昭和記念公園のコスモスでした。6時前に集合すると3台の車で出発です。お天気は・・・ゲッ良すぎる(ちょっと悪い予感)。お彼岸だというのに30度以上の残暑となりました。
kinchaku1























入口には「3分咲き」と書いてあります。今年はなかなか涼しくならないので開花が遅れているそうですが、お昼にかけ観光客はどんどん増えていきました。


maeboke
























真っ赤な群生の中2~3本白が咲いていました。赤い彼岸花をレンズに当て前ボケを付けて。

tamaboke
























大きな玉ボケを作るには後ろに大きな光源が必要です。巾着田の小川の側に群れから離れてポツンと咲いた花を見つけました。川面のキラキラを入れて玉ボケにしてみました。

shokizuisenkamo















昼食後、コスモスを撮りに昭和記念公園へ移動しました。広い広い公園です、歩きでは短時間に回れないと判断し、自転車を借りました。コスモスの丘は1分咲きでまだ早すぎ、他のコスモス畑は逆に盛りを過ぎていて写真になりませんでした。やむなく日本庭園に行ってみると「商輝水仙」という彼岸花科の山吹色の花を見つけましたが、柵の中で近づけません。カモ君は気持ちよさそうに水浴びです。
とこのあたりからok暑さでもうろうとしてきました。これはかなりヤバイ、頭がぐわんぐわんするし、手がしびれてきました。時計を見ると集合時間まで後4分、まず~い、自転車を吹っ飛ばして皆の元へ戻りました。車に乗る前に酔い止めの薬を飲んだものの、これが「熱中症」というものでしょう、金づちで殴られたような頭痛とバクバクの動悸、ついにはエチケット袋のお世話になってしまいました。同乗の皆さん、ごめんなさーい
まだまだ暑い日が続きます、皆様、熱中症には十分気をつけましょう


09/23|未分類コメント(0)TOP↑

天下泰平と五穀豊穣を祈念して、今年も寒川神社の流鏑馬神事が行われました。曇り空ながらまずまずの撮影日和。場所を確保するため2時間ほど早めに出かけましたが、ベストポジションにはすでにバズーカ砲のようなレンズを付けた超ベテランが陣取っていました。ウロウロした結果、今年は第2の的で撮ってみることにしました。
mato1




















yabusame3mato2











速っ連写が全く間に合いませーん
そして、かっこいい思うように撮れないものの、勇壮な流鏑馬がますます好きになりそうです。


mato3






















mato4























小さな素焼きの的には紙ふぶきが仕込んであるのですが、今年はなかなか命中しません。最後の最後に見事命中拍手と歓声が沸きあがりました。ヤッター




09/19|未分類コメント(0)TOP↑

障害物なく富士山の夕景を撮りたければ「湘南平」に行ってみればと以前娘に言われたのを思い出しました。16時天候も良く今日なら夕日が撮れそうだと思うと、もうウズウズ。「あのぉ、夕日を撮りに行きたいんだけどぉ~」とのんびりくつろぐ夫に車出しを頼みました。混んでいなければ1号線で花水川を越えて30分ほどです。駐車場は混んでいますが、出る車も多くすぐに入れました。
yuhi1






















この日、富士山は笠雲というよりベレー帽をチョコンとかぶって現れました。夕日の位置はもうずいぶん左側にずれてきていますが、美しい黄昏となりました。


yuhi2






















PLフィルタをクルクル回してみるが、なかなか光ぼうにならない(レンズの違いもあるかも・・・)

yuhi3























黄金色の空と雲、富士のシルエットにうっとり。

yakei1















yakei2















展望台は360度パノラマ撮影が可能ですが、吹き上げの風が強く夜景は三脚でもブレ気味。でもダイヤモンドを散りばめた相模湾の夕景はなかなか素敵
熱海の打ち上げ花火が見えないかしらなんて、欲張りましたが真鶴が邪魔して無理ですね。


09/17|未分類コメント(0)TOP↑

富士山の頂上に夕日がキラリと輝きながら落ちていくのをダイヤモンド富士と呼んでいます。この秋は9月7・8日18時頃、茅ヶ崎海岸ヘッドランドで撮れるとの情報を得て今度こそカメラに収めたいとはりきって出かけました。台風の余波で波風が強く、あっという間に砂まみれ、たまりかねてコンタクトをはずしました。(おいおいピントは大丈夫?)2時間も早く自転車で辿り着いたので、サーファーや浜辺で遊ぶわんこ達を撮って楽しみました。
windsafeumi-inu海がだ~い好きなわんこらしく、棒やペットボトルを投げてもらうとどこまでも高波の中に取りに行きます。本当に楽しそう





tokui-inu2inuchanpion




 


右のわんこは湘南でもちょっと有名なチャンピオン犬です。練習が楽しくて、嬉しくってといった感じです。チャンピオンも新旧交代でしょうか、お疲気味。コングを見事キャッチできたわんこは得意満面の笑顔です。





というわけでokわんこの撮影に夢中になっておりました。飼い主のおじさんに「今日はずいぶんカメラマンがいるね」と言われ「そうなんです、今日はダイヤモンド富士なんで」・・・げっ、ふ富士山だ
いったいどこにあるのかしらねと眺めていた西の空に突然、今にも落ちそうな夕日とともに富士山がその姿を現しました。たいへーん。大慌てで三脚を付け、撮影準備(遅いよ)。あんなに長い間待ち望んだダイヤモンドは一瞬の輝きを放つと富士の影に落ちていきました。たった1枚だけ撮れた写真です。ただただ呆然。
daiyamondo-fuji














次は来年の4月です。 歩道橋から日没した富士を眺め、あ~あ、次こそがんばろうと誓いました。
hodokyo-fuji























headland






















地図赤丸内、ハンマーヘッドシャークのような岬がヘッドランドです。お天気に恵まれれば、砂浜から富士山が望めます。なお、夜景を撮った歩道橋はヘッドランドから国道へ出たすぐの交差点です。
09/08|未分類コメント(0)TOP↑

9月のデジタル研究会には相模原花火大会の1枚を加工し提出しました。
sennokaze


























画題:「千の風」
    今年も大切な人達が逝ってしまいましたが 「千の風になって」いて欲しいと願います。

バルブを開き横に振って撮影した原画です。
?花火と高田橋を合成
?レベル・コントラスト補正で黒の引き締めと鮮やかな光の色を強調
?フィルタ → 描画 → 逆光を入れて雰囲気作りをしました

 

 


09/01|未分類コメント(0)TOP↑
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログに降るハート
リンク
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。