futariあいにくの小雨となった三渓園でデジタル研究会のモデル撮影会がありました。モデル撮影って何をどう撮ればいいのでしょうわかりませ~ん。とりあえずきれいなおねえさんを撮っときました。

 




backhokaron





「寒~い」






suwarumodel2












モデルさんは小雨降る中、寒さをこらえて笑ったり、にらみつけたり、いろんなポーズとらされたりでた~いへん。(あれこれ注文なんて私にはできません)ご苦労様です。
レフ版で光を当てる当番が回ってきましたが、これも初めてのことで大きなレフ版をもてあましウロウロ、うろうろ。どうすりゃいいんだー。見かねたWさんが代わってくれました。いつもいつもお世話になりますペコリ。 <(_ _)>
11/28|未分類コメント(0)TOP↑

香川フォト11月例会には前日の鎌倉夕景と昭和記念公園の写真を出しました。
sunset

「Sunset」
鎌倉撮影会、最後のスポットは和賀江島近くでの夕景撮影。お天気に恵まれとってもきれいな夕日でした。マンション近くの公園は南国を思わせるやしの木茂る素敵なロケーション。日が沈むまでの短い間、夢中でシャッターを切りました。

 






kosirazu「親の心子知らず」
つたい歩きの幼児、お兄ちゃんといっしょに滑り台に上ってしまいました。脇から転がり落ちそうになり、ママはあわてて押さえますが、生傷たえないヤンチャ坊主はなんだかとっても楽しそう
(F先生のアドバイスで滑り台の縦棒をトリミングしました)




otibawofunde
「落ち葉を踏んで♪」
銀杏並木の真ん中に座って写真を撮っていたら、お散歩のワンコがやってきました。「おいで」と呼ぶと大喜びで飛んできてくれました。かわい~い。


11/25|未分類コメント(0)TOP↑

紅葉の撮影会、今年は鎌倉です。心配されたお天気も回復し撮影日和となりました。鎌倉には何度か一人で出かけましたが、今回は初めて行くところばかり。最終ポイントの夕焼けもすばらしく、フォトクラブメンバーといっしょに撮影散策を十分に楽しみました。釈迦堂切通し(杉本観音下車)

kiritosi






















takederarisu







報国寺(竹寺)の竹林は風にザワザワ、ミシミシと独特の音を出しとても神秘的。斜光に照らし出される竹はまるで竹取物語の世界です。台湾リスでしょうか、忙しそうに冬支度をはじめていました。

 



botanhasi

 

 

 

 

鶴岡八幡の銀杏はここ数年枝が切られて「大銀杏」ではなくなっています。八幡様の大銀杏と呼ばれるまでにはあと何年かかるのでしょうか。ぼたん園は4月~5月が最盛期だそうで閑散としていました。


11/24|未分類コメント(0)TOP↑

showa1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(日本庭園)
講座が続き最近なかなか写真を撮りに行けない。うずうずウズウズ。晴天に恵まれたこの日写真仲間に教えてもらっていた昭和記念公園に、やっと出かけることができました。相模線で橋本→八王子→立川→西立川。乗換えがたいへんですが西立川のすぐ駅前が昭和記念公園です。入るとすぐに目の前に広々とした光景が広がり、一瞬にして楽園に入った気分。閉園までゆっくり、のんびり秋を満喫しました。
showa3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(銀杏並木)


shabontakkikoteidaria













銀杏並木は最盛期で黄金のトンネルが光輝いていました。タッキーもちょうどこの並木道で若手女優(?)とドラマ撮影をしていました。カメラ撮影は禁止だってさパチリ。皇帝ダリヤも秋空を背景に花盛りでした


11/21|未分類コメント(0)TOP↑

20061104香川公民館まつりが11月3・4・5日に開かれました。4日には 「あなたも迷カメラマン」という楽しい企画があり、香川フォトクラブ、pv湘南からもお手伝いしました。まずは前香川公民館館長でフォトクラブ講師でもある写真家F先生による、デジカメを使った良い写真の撮り方講習がありました。皆さん持ち寄ったカメラを手に真剣な表情。ポイントを教わって、それぞれ「撮るぞ~」といった意気込みでコンテストの写真を撮りに祭りの中へ出かけました。


tobasubaza皆さん本当にお上手で初心者とは思えない出来栄え、もう立派な「名カメラマン」でした。
デジカメの楽しさをあらためて感じた一日で、企画の皆様のご努力に感謝感謝です。










「飛べ!!」            「ママはお店屋さん」
大木も2枚撮り、帰宅後補正しました。


11/06|未分類コメント(0)TOP↑

dobai




















小鉢に初めて釉薬をかけました。白土に「土灰」という微妙な青の出る釉薬です。先生曰く「ちょっとおもしろいやり方でやってみよう」・・・エッ~初めてなんですけど???かなり不安でしたが、なんとこの出来ばえ。S先生に感謝感謝です。ガラスをかけたようなひび焼きは、紫陽花の花を思い出させました。

技法:「土灰」にくぐらせ、余分な釉薬をきる。お玉(釉薬を掻き回したり、掛けたりする)で3分の1くらいの釉薬を底に溜め、器をゆっくり回して丸く広げた後、釉薬を溜めたまま乾燥させる。

こうした器を作ると煮物が入れたくなります。いか大根の煮物、煮豚と煮卵を入れて夕食の食卓に並べました。う~~ん、なんか一味ちがう


11/02|未分類コメント(0)TOP↑
プロフィール

おもやい

Author:おもやい
おもやいへようこそ!
おもやいとは九州の方言。親愛なる者同士、大切なものをいっしょに使っていくという意味です。

カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログに降るハート
リンク
ブログ内検索
リンク